[Skip Navigation]

IPIN登録手続きについて

[更新日:2007/12/24]

[平成18年12月8日改訂]

IPIN登録手続きについて

2007年1月1日よりITF賞金大会に出場する男女選手は誰でもIPINという国際選手登録番号を持たなければ参加できなくなりました。登録はインターネットで自分のメールアドレスさえあれば簡単に取得できます。

またIPIN登録後、選手がエントリー、ウィズドロー等の手続きをウエブ上で行う オンライン登録しなければなりません。これには年間45ドルの手数料がかかります。

今後国際大会に参加し続ける選手はこの2つの手続きを大会のエントリー前までに必ず済ませておいて下さい。(男子予選サインインをする選手もIPIN登録が必要です)

IPIN登録手順

オンラインでIPINを取得します。すでにITFにデータがあるかどうかで手順6が異なります。

  1. ITFのホームページ(http://www.itftennis.com/)からIPINのサイトをクリックする
  2. IPINのサイト=ITFのホームページの右の色別帯の中から「ipin ONLINE SERVICES」をクリック。 [画面1]
  3. 4つある囲みの中のIPINという左下以外の囲み3箇所からクリック(どこをクリックしても次に行きます。[画面2]
  4. 言語選択の画面で通常は左のユニオンジャックの「English」をクリック。[画面3] 左下の「Get Your IPIN」の囲いの一番下の「Get Your ipin now!」をクリック。[画面4]
  5. Family-Name名前(苗字—例Yamada)、Gender-性別(Male, Female)、Nation-国名、Year of Birth-生まれ年(例1984)をいれ、「Submit」をクリック。[画面5]
  6. ITFジュニアを含む国際大会に参加して記録のある選手

    すでにITFにデータ(メールアドレス)がある選手は、メールが登録済みのメールアドレスに送られてきます。

    1. 自分のデータを確認し、「submit」をクリックする
    2. ITFより自分のアドレスに送られたメールを開き、リンクをクリックする
    3. IPIN (=苗字のアルファベット3文字と数字8桁の組み合わせ)が本人のアドレスに送られてくる
    ITFに自分のデータがない

    メールアドレスが登録されていない選手は次にメールアドレスを登録します。

    1. 「Request IPIN」をクリック。[画面6]
    2. 自分のメールアドレスを入れて、「submit」をクリック。[画面7]
    3. ITFより送られてきたメールを開き、リンクをクリックする。
    4. 名前等の個人情報を入力し、送る。
    5. IPIN (=苗字のアルファベット3文字と数字8桁の組み合わせ)が本人のアドレスに送られてくる。
注意

IPINを無事取得できたら、クレジットカードを用意して、オンライン登録をしておきましょう。